1. お金を借りるTOP
  2. クレジットカード
  3. ≫クレジットカードの家族カードって良いの?家族カードのメリットとデメリットを解説

クレジットカードの家族カードって良いの?家族カードのメリットとデメリットを解説


社会人のほとんどは何かしらのクレジットカードに加入していますが、家族カードの存在を意識している人は滅多にいません。

従って、家族カードのメリットがあまり利用されていません。

家族カードというのはその名の通り、本人会員の家族が利用できるクレジットカードのことです。

規約上、クレジットカードは「名義人本人」しか使えないため、家族のために別にカードが発行されます。

ただし、家族カードであっても無記名で発行されるわけではありません。

必ず、使用者の名前が登録されるため、登録者以外の人は利用できません。

なお、家族カード利用料金の請求や引落は本人会員分と一括して行われ、利用限度額も共有されます。

ちなみに、子供に持たせる場合など、利用金額を制限させたい時は、家族カードの利用制限額を設定できるクレジットカードもあります。

家族カードの利用条件とは?何歳以上で発行可能?

家族だからといって誰でも家族カードを発行してもらえるわけではありません。

原則、18歳未満の子供への発行はできません(18歳であっても高校生は不可)。

また、アメックスやSBIカードの様に条件の緩いカードもありますが、基本的には「生計を一にする」配偶者、親、子までしか認められません。

家族カードのメリットは?

メリット1.ポイントが付きます。

家族カードであっても、利用した金額分のポイントが付与され、ポイントは親会員(本人会員)のカードに合算されます。

より早くポイントを稼げるため、欲しい商品やサービスを手に入れるためには家族カードの方が有効です。

メリット2.年会費の面で特典を受けられます

親会員の年会費が無料の場合は当然、家族カードも無料ですが、親会員の年会費が有料でも、家族カードの年会費は無料というカードが少なくありません。

また、年会費が掛かるにしても、親会員の金額より大幅に低いのが一般的です。

例えば、三井住友VISAプラチナカードの本人会員の年会費は5万円もしますが、家族カードの年会費は無料です。

従って、仮に、夫婦それぞれが別にカードを持つと10万円の年会費が掛かりますが、妻が家族カードにすれば、5万円で済むことになります。

メリット3.保険を利用できます

クレジットカードのメリットには海外旅行保険や国内旅行保険が付帯されることが挙げられます。

旅行中の病気やケガ、事故を起こしたことによる損害賠償請求、携行品の損壊など、旅行中に様々な損害を受けても、その損害額が保険から補償されます。

実は、家族カードでもこの保険が付帯されるため、安心して家族旅行に行けます。

なお、カードを紛失したことによる不正使用の損害も親会員同様、補償を受けられます。

ちなみに、クレジットカードの中には「家族特約」の付帯されるものがあり、家族特約があると家族カードを所有していない同行家族でも保険が適用されます。

メリット4.家族カードには審査がありません

これは一部の人にとってのメリットになりますが、家族カードには審査がありません。

家族カードの利用料金も親会員の口座から引き落とされるからです。

従って、過去に返済事故を起こした人や、3社以上からカードローンを利用している人、職に就いていない人など、通常ではクレジットカードの審査に落ちそうな人でも家族カードなら所有できます。

メリット5.利用明細は別々に掲載されます

クレジットカードの利用明細は利用明細書やWEBサイトの会員ページで確認できますが、家族カードの利用明細は本人カードの分と別に掲載されます。

そのため、それぞれのカードの利用状況が簡単に把握できます。

例えば、別居している高齢の親に家族カードを渡すことで、利用明細を見ればいつも通り健康に暮らしているかが分かります。

逆に、内緒で利用するということができないため、「悪いこと」に使いたい場合は家族カードを利用できません。

メリット6.クレジットヒストリーが貯まります

家族カードの利用分も親会員の「クレジットヒストリー」として記録されます。

従って、親会員は対外的な信用力がアップし、グレードの高いカードへの加入ができるようになります。

逆に、家族カード利用者にはクレジットヒストリーが残りません。

家族カードにおける注意点とデメリット

家族カードを発行しないクレジットカードがあります

すべてのクレジットカードが家族カードを発行しているわけではなく、発行していないものもあります。

ただ、ほとんどのクレジットカードは家族カードを発行しています。

発行枚数に上限があります

クレジットカードによって家族カードの発行枚数に制限があります。

一般的な発行可能枚数は3枚になっています。

年会費の無料は1枚目のみになっているものがあります

家族カードは複数枚発行されますが、年会費が無料になるのは1枚目のみとなっているクレジットカードがあります。

ただ、年会費が掛かったとしても、親会員よりはかなり低い金額になっています。

家族カードは年会費が優遇されることや、サービスが本人会員と同じように受けられるのが魅力です。

家族でクレジットカードを持つ場合は、家族カードにした方が絶対にお得です。

クレジットカード コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。