1. お金を借りるTOP
  2. カードローン
  3. ≫プロミスで即日融資する方法!今日中にお金を借りる方法と注意点

プロミスで即日融資する方法!今日中にお金を借りる方法と注意点

プロミスは即日融資が可能です。申し込んだその日にお金を借りることもできるので、急ぎでお金が必要になったときもプロミスなら間に合う可能性があります。

ただし、プロミスで即日融資するには条件があります。

申し込めば必ずその日に借入できるわけではありません。

今回はプロミスで即日融資する方法と注意点を解説します。今日中にプロミスでお金を借りたいという人はぜひ参考にしてください。

プロミスは遅い時間でも「振込」で即日融資が可能になりました!

大手消費者金融の即日融資は「銀行振込」「ATM」いずれかの方法となります。

銀行振込の場合、振込時間の関係もあり平日の14時ぐらいまでに契約完了させて振込融資の手続きを済ませないと、即日融資できません。

しかし、2018年に導入されたモアタイムシステムにより、各銀行は時間と曜日に問われず振込を反映できるようになりました。

このシステム導入によって恩恵を受けられるのがプロミスの即日融資です。

プロミスでは、約500行の金融機関で時間・曜日を問わず振込融資を実現させています。

これまでは、平日の14時ぐらいまでに振込融資の依頼を済ませないと当日中に反映されなかったのが、今後は土日や夜間でも銀行口座に即振込融資してもらえるようになったのです。

そのため、銀行振込による即日融資のタイムリミットも延長され、より使い勝手が増しています。

プロミスで即日融資するには何時までに「何をすれば」いいの?

プロミスで即日融資を受けるには、タイムリミットまでに契約完了させる必要があります。

プロミスは最短1時間融資も可能ですが、実際に1時間以内に融資を受けられる確率はかなり低いです。

利用したユーザーの体験談をもとにデータを集めたところ、平均で2時間程度かかっています。

もちろん、2時間以上かかっている方もいるので、即日融資を受ける場合は時間に余裕を持って手続きするようにしてください。

では、プロミスで即日融資するには、「何時までに」「何をすれば」いいのか解説していきます。

プロミスで即日融資する方法は2パターン

プロミスで即日融資する方法は大きく分けて2パターンです。

【WEB契約⇒銀行振込み】
プロミス公式サイトから申込を済ませて、そのままWEB申込上で契約完了させます。
ローンカードの発行はなく、振込融資の依頼を行い、自分の銀行口座に希望する金額を振り込んでもらい借入する方法です。

【プロミス自動契約機で契約⇒カード受け取り】
プロミスの自動契約機で申込を行い、その場で審査を受けます。審査通過したらそのまま契約手続きを行い、ローンカードが発行され受け取れば完了です。
後はローンカードを使って最寄りのATMから現金の借入をするだけです。
あらかじめプロミス公式サイトで申し込みを済ませてから、自動契約機で手続きするほうが時間短縮になるのでおすすめです。

上記の他に、「スマホATM」「有人店舗」で即日融資を受ける方法もあります。

ただし、スマホATMは対応しているATMがセブン銀行ATMのみで対応している金融機関は9社のみと少ないので使い勝手が悪いです。

有人店舗は、そもそもプロミスの有人店舗がごく少数なので利用できる人が限られてしまううえに営業時間は平日のみと、こちらも同じく使い勝手が悪いです。

以上の理由から、今回は「スマホATM」「有人店舗」での即日融資方法は省略しています。

プロミスの即日融資は何時までに申し込みすれば間に合うの?

プロミスで即日融資するには、限られた時間内で契約まで完了させる必要があります。

いつ申し込んでも審査・契約できるわけではないので注意してください。
では、具体的に何時までに申し込めばよいのかご紹介します。

契約方法何時までに?何をすればいいの?
WEB契約⇒銀行振込19時までに(月~土)申込完了
プロミス自動契約機で契約⇒カード受取20時までに申込完了

プロミスの公式サイトには、何時までに申し込みすれば即日融資できるのかは記載されていません。

そこでプロミスの担当者に直接電話で確認してみました。

管理人「プロミスで即日融資するには何時までに申し込みすれば間に合いますか?」

担当者「即日融資をご希望とのことですが、WEBで契約する場合と自動契約機で契約する場合で申し込みの締め切り時間が異なります。」

担当者「WEB完結で即日融資を受ける場合は、19時ぐらいまでにお申し込みいただけると即日融資に間に合うかと思います。」

担当者「次に自動契約機で手続きする場合は、20時ぐらいまでにお申し込みいただけると即日融資に間に合う可能性が高いです。」

管理人「プロミスは最短1時間融資と聞いてますが、時間ギリギリだと間に合わないですか?」

担当者「そうですね。お申込状況によって審査や手続きにかかる時間は前後しますので、お時間に余裕を持ってお申込されることをおすすめします」

管理人「他に注意点ってありますか?」

担当者「当カードローンの審査では、お客様のお勤め先に在籍確認の電話をさせていただくのですが、遅い時間帯や土日祝日では確認が取れない場合がございます。その場合、当日中に審査が終わらず即日融資に対応できない可能性がありますのでご了承ください」

担当者の方の説明にも合ったように、プロミスは最短1時間融資も可能ですが、必ず1時間以内に借り入れできるわけではありません。

状況によってはそれ以上時間がかかることもあるので、時間に余裕を持って申し込みするようにしましょう。

銀行振込を希望するなら19時までに、自動契約機でカードを受け取るなら20時までに申し込みを完了でき利用にしましょう。

日曜日の振込融資は要注意

銀行振込で即日融資する場合は、19時ぐらいまでに申込完了できれば間に合う可能性が高いです。

ただし、これは月~土曜日に申し込む場合です。

日曜日の振込融資は18時50分以降は当日中に反映されません。

また、日曜日に振込で即日融資を受ける場合、何時までに申し込みすればよいのか?については担当者から明確な答えはもらえませんでした。

日曜日の夕方以降に即日融資を受ける場合は、自動契約機で手続きしてカードと受け取るほうが確実性は高いでしょう。

プロミス即日融資の流れ~WEB契約⇒銀行振込み~

今の時間が月~土曜日の19時前であれば、WEB上契約⇒銀行振込みで即日融資に間に合う可能性が高いです。

プロミスの店舗や自動契約機へ来店する必要はありません。

スマホかパソコンがあれば、家にいながらでも手続きできます。

もし今の時間が19時を過ぎている場合は、契約完了できず即日融資できない可能性が高いです。

その場合は「自動契約機で契約⇒カード発行」の方法で手続することをおすすめします。

プロミスの申し込み~融資までの流れ

① プロミス公式サイトまたは電話で申し込み
プロミス公式サイトにある「新規お申込み」をクリックし、申込みフォームに必要事項を入力して送信。

② プロミスから申し込み内容確認の電話がかかってくる(公式サイトで申し込んだ場合のみ)

③ 必要書類(本人確認書類、収入証明書)をスマホなどで撮影し、画像データを公式サイトやアプリ上にアップロードする

④ 審査結果の連絡(電話またはメール)

⑤ 公式サイトで契約内容の確認・同意

⑥契約

⑦公式サイト(会員ページ)か電話から振込融資の依頼をする

⑧指定口座にお金が振込まれる

契約完了後に、プロミスに振込融資の依頼をすることで、自分の銀行口座にお金が振り込まれます。

振込融資の依頼は「インターネット申込み」「電話」いずれかの方法で行なえます。

プロミス即日融資の流れ~自動契約機で契約⇒カード受け取り~

自動契約機で契約⇒カード受け取りで即日融資する場合、申込み方法は次の2つから選べます。

  • プロミス公式サイト
  • プロミス自動契約機

プロミス公式サイトで申し込み、審査通過してから自動契約機に来店するパターンと、はじめから自動契約機に来店して申し込みするパターンがあります。

申し込みは遅くても20時までに済ませましょう。

公式サイトで申込む場合の流れ

①プロミス公式サイトで申し込み
公式サイトにある「新規お申込み」ボタンをクリックし、申込みフォームに必要事項を入力して送信

②プロミスから申し込み内容確認の電話がかかってくる

③電話またはメールで仮審査の結果通知がくる

④必要書類(本人確認書類、収入証明書など)を持って最寄りの自動契約機へ行く

⑤自動契約機で手続きを行う
持参した必要書類を備え付けのスキャナにセットする

⑥備え付けの電話で本審査の結果が通知される

⑦契約書が発行されるので、内容を確認して署名する。スキャナにセットする

⑧プロミスカードの発行

⑨プロミスカードを使ってATMで借り入れ


自動契約機で申込む流れ

①必要書類(本人確認書類、収入証明書)を持って、自動契約機へ行く

②自動契約機で申し込みを行う

必要書類を備え付けのスキャナにセットする
申し込み書が発行されるので、必要事項を記入しスキャナにセットする

③備え付けの電話で審査結果が通知される

④契約書が発行されるので、内容を確認して署名する。スキャナにセットする

⑤プロミスカードの発行

⑥プロミスカードを使いATMで借り入れ

遅い時間帯に即日融資を希望する場合は、自動契約機で契約してカード受け取りするほうが確実性は高いです。

自動契約機で契約する場合は、申込はWEBで行うのがおすすめです。

というのも、自動契約機で申し込みした場合、その場で審査結果が出るのを待たなければいけません。

自動契約機で申し込んだからと言って審査が早く終わるわけではなく、場合によっては30分以上待たないといけず、審査落ちになった場合は無駄足に終わってしまいます。

効率よく即日融資するためにも、WEBで申し込んで審査に通過してから自動契約機で手続きするようにしましょう。

プロミス即日融資の注意点

プロミスで即日融資でお金を借りる場合の注意点は4つあります。
•午前中に申し込みを済ませておく
•必要書類はあらかじめ用意しておく
•本人確認の電話に出る
•スムーズに在籍確認できるようにする

以下で詳しく説明していきます。

午前中に申し込みを済ませておく

プロミスで確実に即日融資を受けるには、できるだけ早い時間に申し込みを済ませておくことです。

申し込みを受け付けた順に審査が行われるので、申込みが遅くなるほど審査はずれ込みます。

プロミスは夕方でも審査してくれますし、審査自体も早いですが、確実に即日融資を受けたいなら午前中のうちに申し込みを済ませておくようにしましょう。

必要書類はあらかじめ用意しておく

プロミスの審査では本人確認書類が必ず必要です。
•運転免許証
•パスポート
•健康保険証+現住所を確認できる書類1点※

上記いずれかの本人確認書類を用意しておきましょう。

借入希望額が50万円を超える場合は、収入証明書も必要です。
•源泉徴収票
•所得証明書
•確定申告書
•給与明細書(直近2ヶ月分)

※現住所を確認できる書類は住民票、公共料金(ガス・電気・水道など)の領収書などです

本人確認の電話に出る

プロミスに申し込みすると、審査担当者から本人の携帯電話もしくは自宅の固定電話に連絡が入ります。※

本人の意志で申し込みしたのか、申込み内容に間違いないかなどの確認を取ってから審査へ移ります。

そのため、この本人確認の電話をでないとプロミスは審査をすることができません。

少しでも早く融資を受けられるようにするためにも、申込み後にかかってくる本人確認の電話に出られるようにしておきましょう。

※申込書に携帯電話の電話番号を記載している場合、基本的に固定電話に電話がかかってくることはありません。

スムーズに在籍確認できるようにする

これは人によって難しい部分ではありますが、在籍確認が完了できないと融資を受けられません。

プロミスは、夕方や土日祝日でも当日中に契約完了すれば即日融資が可能です。

ただし、審査の最終段階で行われる在籍確認がクリアできず即日融資できなかった人は沢山います。

特に多いのが、申し込んだ日が会社の休業日だったために在籍確認できなかった・・・というものです。

プロミスは基本的に職場に電話して在籍確認します。

会社の休業日だと、当然電話しても誰も応対してくれないので在籍確認が取れません。

会社が休みだから電話で在籍確認が難しいという場合は、申込み完了後にプロミスへ電話で相談することをおすすめします。

プロミスで即日融資する方法まとめ

プロミスで即日融資する方法は2パターンあります。
•WEB上で契約⇒銀行振込み
•自動契約機で契約⇒カード受け取り

WEB上で契約⇒銀行振込みは来店不要で即日融資できます。ただし、19時までに申し込みしないと間に合わない可能性が高いので注意してください。

自動契約機で契約⇒カード発行の場合は、20時までに申し込みできれば即日融資に間に合う可能性が高いです。

あらかじめプロミス公式サイトで申し込んでから、自動契約機へ行くほうが手続きがスムーズです。

どちらの方法でもある程度時間に余裕を持って手続きできます。

ただ、自動契約機のほうがタイムリミットは長いので、より確実に即日融資するなら自動契約機で手続きするのがおすすめです。

プロミスの瞬フリは原則24時間最短10秒で銀行口座に振込される、カードローンでもトップクラスに優れたサービスになっています。

そのため、ネットで申込してWEB完結で契約完了までしてしまえば、原則24時間いつでも即日融資を受けられるのです。

土日祝日、夜間でも最短10秒で振込されるのは、利用者にとってみれば、これほど有難いサービスはありません。

カードローンは今後プロミスのようにいつでも最短即日融資が受けられるサービスを提供していく流れになりますが、圧倒的に消費者金融の方が早くサービスを提供するでしょう。

今でもプロミス以外に、アコム、SMBCモビット、レイクALSAは同じようなサービスを行っています。

銀行カードローンに関しては、もう少し時間がかかると思っておいた方が良さそうです。

カードローンプロミス コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。